2014/10/28 16:45:28 |

資格を取ったからといって就職、転職できるわけではありませんが、有利になることは多くあります。

 

ですがここで考えておかないといけないことが、資格の勉強をしている間にどこかに就職して実践するほうが圧倒的にスキルはアップするということです。

 

スキルアップということであれば仕事をしたほうがよっぽど成長するということです。

 

これは資格がなくてもできる仕事ということになりますが。

 

ですから資格をとるのが先か就職をするのが先かはその仕事によってもどのような理由で資格を取るのかによっても違ってくると思います。

 

ここで資格と就職が関連しているもののあります。

 

それが医療事務資格です。

 

どういうことかというと医療事務資格は資格取得とともに就職先を紹介してくれたりします。

 

100%就職できるということではありませんが、大手のスクールと病院やクリニックなどがつながっているということだと思います。

 

ですから医療事務の資格は人気が高いのではないでしょうか。

 

そういった資格もありますから調べてみるのも良いのではないでしょうか。

2014/04/29 17:56:29 |

資格を取る方法はいろいろあります。

 

参考書などを買って独学で勉強する方法、学校などにいって資格を取る方法、通信講座を利用する方法などでしょうか。

 

これは資格の種類にもよりますし、難易度によっても方法が変わってくるのではないでしょうか。

 

たとえば学校に行かないと取れない資格があったりもします。

 

資格の難易度にもよりますが、やはり独学ということになるとなかなか難しかったりしますね。

 

どのように勉強したらよいのかなどもわからなかったりしますからね。

 

ただ、その代わり費用がほとんどかからないというメリットもあります。

 

専門学校に通ったりすると数万、数十万かかったりしますからね。

 

そのあたりは資格の難易度、自分の懐具合と相談して考えるのが良いのではないでしょうか。

2014/04/29 17:46:29 |

よく就職や転職を有利に進めるために資格を取ろうと考えている方も多いと思います。

 

ここで就職と転職では資格の意味が全然違ってくると考えておくべきです。

 

就職ということならまだ正社員として働いたことがないので選考が今までの人生で何をやってきたかとか人間性というところが大事なポイントになると思います。

 

ですが、転職ということになると資格より社会経験というところが重要視されます。

 

正直、資格をとっても実践の方圧倒的に成長しますし、企業も評価します。

 

たとえば、システムエンジニアの資格(情報処理など)を取るより、3ヶ月実践で仕事をしたほうが圧倒的に見になりますし成長します。

 

単純に考えれば実践を積んだほうが採用されると思います。

 

もちろん何をやったかという中身にもよりますし、3ヶ月で辞めたという理由がマイナスになりますが。

 

ですから転職ということならいかに経験があるのかというところで資格に関しては職業にもよりますが、それほど重要視されない場合が多いと思います。

2014/04/29 17:42:29 |

資格というものは非常に多くあります。

 

数え切れない程ですね。

 

数千とかあるのではないのでしょうか。

 

運転免許など国家資格もあれば、民間資格などもあります。

 

ファイナンシャルプランナーの資格でも2種類あったりします。

 

たとえば心理カウンセラーという言葉を一言でいっても、資格は数多くあります。

 

ですからしっかりその資格がどういった特徴があるのかなどを把握することが大事です。

2014/04/29 17:36:29 |

そもそも資格を取る意味があるのかというところです。

 

当然資格によるということになるとは思います。

 

弁護士や医師になるためには資格を取らなければいけません。

 

しかし、コンサルタントやネイルサロンで働くのに資格はいらなかったりします。

 

ですからどういった職業に就くのかとかいよるということですね。

 

あとは自分のスキルアップや資格を持っていることで給料が上がるから取るといった理由もあるかと思います。

 

資格をなんのためにどういった意味でとるのかというところを考える必要があります。

 

ここでそんなことわかっているよ、と言われそうですが、意外にそんなこともありません。

 

実際、資格をとってもとっただけで利用していない方も多いと思います。

 

資格を取らなくても取ろうとおもって中途半端で終わっている方はさらに多いのではないでしょうか。

 

それってとても時間の無駄でもったいないと思うんです。

 

ですからしっかり何のためにか、そして、それが本当に必要な資格なのかを考えてから取り組んでいくのが良いのではないでしょうか。