資格は就職や転職に役立つのか

よく就職や転職を有利に進めるために資格を取ろうと考えている方も多いと思います。

 

ここで就職と転職では資格の意味が全然違ってくると考えておくべきです。

 

就職ということならまだ正社員として働いたことがないので選考が今までの人生で何をやってきたかとか人間性というところが大事なポイントになると思います。

 

ですが、転職ということになると資格より社会経験というところが重要視されます。

 

正直、資格をとっても実践の方圧倒的に成長しますし、企業も評価します。

 

たとえば、システムエンジニアの資格(情報処理など)を取るより、3ヶ月実践で仕事をしたほうが圧倒的に見になりますし成長します。

 

単純に考えれば実践を積んだほうが採用されると思います。

 

もちろん何をやったかという中身にもよりますし、3ヶ月で辞めたという理由がマイナスになりますが。

 

ですから転職ということならいかに経験があるのかというところで資格に関しては職業にもよりますが、それほど重要視されない場合が多いと思います。